サステナビリティ
Sustainability

SDGs

高橋工業の取り組み

高橋工業は、創業以来、社会の一員としての意識を高く持ってきました。その社会により貢献するため、SDGsに寄与する行動を全社員で取り組んでいます。

パートを含めて全ての従業員に健康診断

従業員の健康は全ての基本であるという信念のもと、 高橋工業ではパートを含む全従業員を対象として、年1回の健康診断をサポートしています。

85歳のパートも雇用

人生100年時代という現代では、定年でリタイヤするという選択肢がある一方、一生働きたいという人も多くいます。そこで高橋工業では、高齢の方でも積極的に雇用し、現場でお仕事をしていただいています。

特別支援学校からの実習生受け入れ

特別支援学校生徒のキャリアデザインの一環として、都立支援学校から実習生の受け入れを行っています。実習生には、社会に出た後、スムーズに実社会に適応できるよう、当社のさまざまな業務を体験してもらっています。

事務用品をグリーン商品に変更

清掃や警備、設備管理を始め、電話交換のお仕事でも、実に多くの道具を使います。そこで、まずは事務用品から、グリーン商品に変更。また、ペン一本においても最後まで使うことを徹底しています。

エコなエアコン、燃費の良い社用車

地球温暖化による気候変動は、地球に住む私たちにとってとても大きな問題です。そこで少しでも環境に配慮した取り組みをしようと、環境に良いエアコンや社用車を使用しています。

「SDGs(エスディージーズ)」とは

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、2030年までに達成を目指す国際社会共通の目標です。